10月例会報告

 

例会日時:2019109日(水)14:30 ~ 16:30

 

場所: ASZ Wohnzimmer

 

出席者:11名 見学者:1

 

 

 

新入会員の自己紹介:

 

8月に入会されましたが、通常例会が無かった為本日自己紹介をして頂きました。お2人ともミュンヘンを

 

最後の地に選ばれたそうです。長いお付き合いが出来ると嬉しいですね。

 

 

会計選出:

 

会計担当者が、本帰国となり引継ぎを選出。

 

 

 

書記選出:

 

3月の総会時に決定していたのですが、諸事情により再選となりました。

 

   

 

ASZにおける日本:

 

2年毎に開催して欲しいという希望があり来年の624日に開催となりました。

 

主に前回と同様、日本文化の紹介、華道、書道、茶道、折り紙など。和食も提供する予定。

 

 

 

11月の勉強会について:

 

以前からお話があった心理カウンセラーの勉強会を開催。

 

アロマテラピー、フラワーエッセンス、ホメオパシーなどを学ばれて、プロフェッショナル心理カウンセラー、ストレスチェックファシリテーター、思春期カウンセラーの資格を修得された先生です。

 

会の皆様の為に今回は、中高年のうつ病について普段から知っておくべきこと、気を付けるべきこと、その対応などをテーマにお話を伺います。

 

その後相談時間もたっぷりありますので是非ご参加下さい。

 

 

 

 


9月催事報告

 

914() 14:3017:00 会員

 

帝京科学大学 医療福祉学科 加藤洋子准教授との懇親会 

 

出席者 6

 

加藤先生より自己紹介、先生の研究内容・結果について、また今回のメインテ-マである日本の権利擁護シ ステムについて説明が行われた。

特に成年後見制度から新しく見直された「身上監護士」という資格について、またその資格を持つ人がどのような役割を果たすのかについて詳しく説明が行われた。

海外に住む私達にとっては、例えば日本に住む親などの家族が認知症や自分で判断が出来ない状態になった場合に必要になると考えられる。また、これら権利擁護について重要な役割を果たす安心ノートについて、参加者へノ-トの全容のコピ-が配布された。

参加者で持ち寄ったケ-キやおはぎに舌鼓を打ち盛会のうちに終了した。

 

 

 

920() 14:0016:30 ASZ Grupperaum

 

県立広島大学 保健福祉学部理学療法学科 金井秀作教授(他学生など計11名来独) 

 

出席者 13

 

まず、新山事務部長より県立広島大学の紹介があった。

次に、金井教授より「食事とリハビリ」というテ-マで講演があり、食事に関して″昔の常識は今の非常識″と言われる様々なテ-マについて話された。健康のためには「肉はダメ、魚や野菜はOK」という説が本当か?

「生きた乳酸菌は胃腸に効果的」は本当か?、「グルテンフリ-は体にいい」は本当か等々、一度は耳にしたことのある様々な説について科学的なデ-タを引用しながら解説された。

また、高血圧の基準値について、昔と今は大きく異なることや学会によっても基準値が異なることについても解説された。

最後に岡村助教より「老年症候群とリハビリ」というテ-マで講演があり、認知症予防のためのコグニステップを参加者と学生さんと一緒に実践した。

また人差し指を入れるだけで簡単に貧血の指標であるヘモグロビン濃度を測定できる機械を日本から持参されており、参加者全員が測定し健康チェックを行った。

当会の参加者からは、講演後すぐに「高血圧の薬について本当に必要なのかもう一度家庭医と相談してみようと思う」「加工肉は控えるようにしたい」という声が聞かれ、また講演数日後には「コグニステップあれから頑張って毎日続けています」という報告もあり、先生方の講演が非常に会員への行動変容へ繋がり、大変貴重な機会となった。

 

8月催時報告

 

87() 14:3016:30 ASZ Wohnzimmer

 

名古屋学院大学 現代社会学部 村上 寿来准教授との情報交換会

 

(現在、アイヒシュテット・インゴルシュタット・カトリック大学の客員教授としてインゴルシュタットに研究滞在中)

 

テ-マ「介護保険・介護保障における地域コミュニティとの関係性」

 

出席者 7

 

まず、地域コミュニティ活動の一環として、当会の成り立ちやこれまでの活動について代表より説明を行った。その後村上先生より介護保険とコミュニティ、高齢化と友の会の役割といった内容について日本の事例や研究結果を踏まえた説明が行われた。今後、日独どちらにおいても高齢化は加速していくため、日独の介護保険システムの違いはあるとしても、益々地域の友の会のようなコミュニティの役割が重要になることを改めて認識し会を終了した。

 

 

 

 

 

816() 18:0019:45 ASZ カンファレンスル-ム 

 

明治大学法学部専任講師(弁護士) 神田英明先生講演会 

 

テ-マ「海外生活者のための民法 ニコニコ円満幸せ計画・日本の両親名義の財産管理

 

   ~お手上げ状態になる前に~」 

 

出席者 計35(会員12名、非会員23)

 

 

 

約1時間にわたり、資料を用いて神田先生より家族信託についての説明があった。その後、多数の参加者から30分にわたり活発に質疑応答がなされた。具体的な個人の事例を踏まえた質問や、ドイツで参加者自身の親族に起きた実際の経験からの質問や意見、先生が思わず「良い質問ですね!」と言われるような有意義な質疑応答が行われた。講演会終了後も個人的に先生に質問をされる参加者が絶えず、また参加者同士で情報交換するなど盛会のうちに終えた。

 

例会アーカイブス

 

その他の月の例会報告は以下のブログで御覧になれます。

(アドレス上をクリックされるとブログへ移れます。)

 

http://blog.livedoor.jp/muenchentomonokai/